TOP

とある変人のフィギュアレビュー(THFR)

注文の多い美少女フィギュアのレビューサイトです

TOP > 美少女フィギュア

DIABOLUS UNGLATE ディアボルス・アングレイト -有蹄類の悪魔- / エンブレイスジャパン

[18歳未満閲覧禁止]
有蹄類の悪魔 アングレイト エンブレイスジャパン メーカー EMBRACE JAPAN
発売年月 2012/06
スケール - (PVC)
定価 10500円
キャラ名 ディアボルス アングレイト
原作名 Demonsqueezer(同人誌)(Wikipedia)
原型師 塚田貴士(GILLGILL)
箱サイズ 幅約18.5cm x 奥行き約16cm x 高さ約30.5cm
展示サイズ 幅約14.8cm x 奥行き約14.8cm x 高さ約25.5cm
展示最小サイズ -
重量(展示状態) 246.5g (ボリューム標準的)
graph 造形 ★★★★★★★★☆☆ 悪魔で有蹄類という異色なフィギュアながら見事な造形、全高表示詐欺の怒りも収まってしまった
顔造形 ★★★★★★★★★☆ めちゃ管理人好みの美人、期待通りに美しい出来だった
塗装 ★★★★★★★★☆☆ インクリナタスで残念だった質感もアングレイトでは向上、羽根は妖しくも美しい
ギミック ★★★★★☆☆☆☆☆ ハンマー、首輪、胸カップ、パンツ?着脱可、カップは大と小あり、尻尾別パーツ
エロ ★★★★★★★★☆☆ 抜群のプロポーション、胸もお尻もスジもエロい
満足度 ★★★★★★★★☆☆ ベース入れても275mm無いんですが・・・2cmの誤差はでかすぎる、ノンスケールなんだからせめて全高くらいは正確に記載するべきです、大きいと思って期待していたワクワクを返せ、と言いたい所ですが出来が良かったので今回は許す

エンブレイスジャパンより発売された「有蹄類の悪魔 ディアボルス・アングレイト」のレビューです。
広瀬総士氏が描く、Diabolusシリーズ第二弾となります。
こちらのレビューは、18歳未満閲覧禁止です。ご注意ください。

アングレイト 画像1

小さい画像をクリックで画像を切り替えます(要JavaScript on)

全体の画像です。有蹄類の悪魔ということで、足の部分が蹄になっているのが特徴的です。
ディアボルスシリーズの特異性が存分に発揮されていて、期待を裏切らないデザインです。
広瀬総士氏のデザインがどんな物か知らないから再現度はわかりませんが、この作品について言えば見事な出来です。
大きさについて・・・。公式では原型サイズ:全高約27.5cm(羽根部含)となっています。
しかし実際はベース、羽根含めて25.5cmで実際は1/7スケールレベルでしょうか。大きい物を期待していたので、開封した時は落胆してしまいました。
まぁ、その後、作品を眺めてみて良い出来だったので怒りは収まりましたが。実物を見ないで買うことが多いジャンルだから尚更、メーカーは正確な情報を記載するべきだと思います。

アングレイト 画像2

上半身とハンマーです。有蹄類の角と端整な顔が見事に調和しています。塗装も良好です。
下げた髪の毛も美しい顔に可愛らしさを与えています。
金色の瞳とセクシーな唇が淫靡というより神秘的な雰囲気を醸し出していてかなり好みの顔です。
殆ど隠せていないおっぱいも絶妙! エロ美しい・・・。
インクリナタスでは微妙でしたが、アングレイトは質感も高く羽根の迫力もかなりのものです。
定価が1万オーバーなだけあります。籠手、ハンマー部分の金属も使い込まれた感じがよくできているわ。
第三弾のデュラム・シェリフにも期待が持てそうです。
なお、最初に頭部を外して、尻尾を取り付ける必要がありますが、説明書付なので問題無いと思います。
ハンマーの先は回転させることが出来るので、台座からはみ出さないように調整することも可能です。

アングレイト 画像3

胸のカップを、別パーツの小さい物に交換し、パンツ?をキャストオフした画像です。
交換はスムーズに出来ました。またパンツの方は弱めの両面テープで保持しているだけなので簡単に外せます。
ヘタに本体に傷を付けないのは好感が持てます。しかし、全裸になっても美しい・・・。まさに芸術品。
乳首の色が濃い目ですが、悪魔と言うことを考えればむしろぴったりかも。

アングレイト 画像4

異色の足ですが、全体的にまとまりがあるので違和感はありません。しっくりくるのが不思議。
それだけデザインと造形、塗装がマッチしているということでしょうか。獣足好きになってしまいそうです。
質感も素晴らしく、お尻や股間もエロい。肌のシャドウも良好で文句無しです。

アングレイト 画像5

角度的な破綻も無く、広げた羽根が存在感を主張しています。
だからこそ肌色部分が強調されて視線を引きつけます。単純な立ちポーズなのに見所は多く、鑑賞しがいがあります。
悪魔娘の魅力を十二分に引き出していると言えるでしょう。
束ねた髪の底も単なる平面ではなく、凸凹をつけるなど細部まで配慮されていることも嬉しいですね。

アングレイト 画像6

部分ズームアップ、ハンマー着脱、ベースとパーツです。ハンマーは無くても違和感ありません。
ベースも大きめで、しっかり差し込めるので安定度は問題無いでしょう。
スジも完備でブラボー! 大きさ以外、このフィギュアに期待していた物は全て揃っています。

総評、足が蹄という異色の作品ながら、神秘的ですらある造形は見事。各部位、質感も十分で塗装も文句無し。
エロもしっかりで色気に関しても高レベル。顔造形も美しく、お気に入りのフィギュアになりそうです。

「有蹄類の悪魔 ディアボルス・アングレイト エンブレイスジャパン」のレビューでした。

この作品に関連するカテゴリ

copyright (c) 2011-2015 toaruhenjin.com All Rights Reserved.