TOP

とある変人のフィギュアレビュー(THFR)

注文の多い美少女フィギュアのレビューサイトです

TOP > 一番くじ

一番くじ B賞 否定姫

否定姫 一番くじ メーカー BANPRESTO
発売年月 2011/05
種類 / 賞 一番くじプレミアム / B賞
くじ名 西尾維新アニメプロジェクト第二弾
キャラ名 否定姫
原作名 刀語 -カタナガタリ-(Wikipedia)
原型師 ヴェルテクス
箱サイズ 幅約16.5cm x 奥行き約16cm x 高さ約31cm
展示サイズ 幅約14.5cm x 奥行き約14cm x 高さ約27cm
展示最小サイズ -
重量(展示状態) 447g (ボリューム大満足)
graph 造形 ★★★★★☆☆☆☆☆ 悪くは無いがやや大味感あり
顔造形 ★★★★★★★☆☆☆ 良い出来だが肌の塗装が足を引っ張っている
塗装 ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 地肌部分と赤み部分のギャップが不自然
ギミック ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 着物下半身、扇子着脱可能
エロ ★★★★☆☆☆☆☆☆ お尻がエロい
満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆ 顔部分の塗装は何とかならなかったのか

バンプレストより発売された一番くじ景品B賞「否定姫」のレビューです。
原作は刀語です。A賞「羽川翼」のレビューもあります。

否定姫 画像1

小さい画像をクリックで画像を切り替えます(要JavaScript on)

大型でボリュームに関しては文句無し。
全体画像だとよくわからないかもですが、顔の中央部分の色が明らかに浮いています。
可塑剤の影響なのか・・・強い臭いがしたから、変色したのかとも思いましたが・・・。
良く見ると、肌色のシャドウとの色の差が激しすぎるせいな気もします。
地肌が薄い黄っぽい色で、シャドウが肌色という感じなのでしょうか。
地肌の部分が変色したということも考えられますが、どちらにしてもこれはダメだと思います。
ちなみに着物の腰部分は接着されていましたが、保護ビニールを取るときに簡単に剥がれてしまいました。
ですので少し隙間があります。右手の部分です。

否定姫 画像2

ズームアップしてみると顔の中央部分の色が薄く、肌色のおでこ部分とあご部分の差がわかります。
せめてあご部分の肌色の範囲が狭ければサンドウィッチにならず、あまり気にならないで済んだのでしょうが・・・。
顔の造形自体は良くできていると思います。高飛車お姫様といった雰囲気がでています。
独特のキャラクターデザインで特に後ろの髪の表現が斬新です。
眼も珍しい表現で、絵本のキャラクターのようです。
デザインは個性だからいいのですが、髪の造形が単調なのが残念なところ。
着物の帯・・・コルセットでしょうかこれの造形と塗装も単調に見えます。
袖の奥部分が埋まっているのも、人によっては気になると思います。

否定姫 画像3

キャストオフ、扇子を外した状態の画像です。
キャストオフしたお尻は素晴らしくエロい。
ただ、その素敵なお尻も巨大な後ろ髪で隠れてしまい、よく見えないのが残念。勿体ない。

否定姫 画像4

設置面と部分ズーム画像です。大型フィギュアのせいか、倒れにくいように配慮されていますね。
巨大な髪を支える支柱も付いています。それと着物装着状態ならベースが無くても自立できるのは面白い。
最大の問題点は塗装・・・。やっぱり顔の肌色のギャップは気になってしまいます。
変色したにしても、シャドウの色の選択ミスだったにしてもよろしくない。
顔の造形自体は良いのに、塗装が足を引っ張ってしまっていて残念です。
肌色のギャップを抜きにしても、部分部分の雑さ、大味感は否定できないところです。否定姫だけど。

総評、存在感があり、再現度も良好で造形も悪くない。だが塗装に致命的な欠陥がある。
大きいのは良い事ですが、品質が落ちては意味がありません。メーカーさんには品質管理を徹底していただきたいです。

「否定姫 一番くじB賞」のレビューでした。

copyright (c) 2011-2015 toaruhenjin.com All Rights Reserved.