TOP

とある変人のフィギュアレビュー(THFR)

注文の多い美少女フィギュアのレビューサイトです

TOP > 美少女フィギュア

雲雀 / ファット・カンパニー

雲雀 Phat! メーカー Phat!
発売年月 2012/11
スケール 1/8 (PVC)
定価 6800円
キャラ名 雲雀 (ひばり)
原作名 閃乱カグラ -少女達の真影-(Wikipedia)
原型師 あます(林檎連盟)
箱サイズ 幅約16cm x 奥行き約12cm x 高さ約25.5cm
展示サイズ 幅約11cm x 奥行き約11cm x 高さ約20cm
展示最小サイズ -
重量(展示状態) 148.5g (ボリューム標準的)
graph 造形 ★★★★★★★☆☆☆ シンプルな服装ではあるが、ロリでムチムチ爆乳なボディは見応えアリ
顔造形 ★★★★★★★☆☆☆ 顎を引いた下向き視線で窮屈な造形だが、再現度は良好
塗装 ★★★★★★★☆☆☆ 押さえるべき所はしっかり押さえている
ギミック ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 交換用右腕(ピース)付属
エロ ★★★★☆☆☆☆☆☆ ロリ+むちむちブルマ+爆乳
満足度 ★★★★★★★☆☆☆ 色々とシンプルで下手に凝っていない分受けいられやすい作品と言える

ファット・カンパニー(Phat!)より発売された「雲雀」のレビューです。
原作はニンテンドー3DSゲーム「閃乱カグラ -少女達の真影-」です。

管理人はゲーム未プレイですが、放送中のアニメは視聴しています。
第一話のみなので面白いかどうかはまだわかりませんが、おっぱい揺れ好きにはたまらないアニメといえそうです。
でも先生(渋いおじ様)の太巻きを咥えるシーン(ピンクのエフェクトアリ)はマニアックすぎだと思いました。

雲雀 画像1

小さい画像をクリックで画像を切り替えます(要JavaScript on)

スポーティな格好なのに、お色気全開です。ピースサインに笑顔が可愛い。
ゲームのジャンルは爆乳ハイパーバトル・・・なるほど! と納得の爆乳振りです。
結構厚手のジャージですが、二つの膨らみが凄いですね。
再現度も良好。また、太もものムチムチ具合が素晴らしい。
ぽっちゃりというほどでもありませんが、爆乳と合わせて肉付きのイイボディが絶妙です。
可愛らしいロリフェイスにピンク基調の色彩、そしてブルマという組み合わせもたまりません。
シンプルな造形なので、塗装もシンプルですがシャドウもしっかり吹かれていて安定しています。

高さはそんなにありませんが、むっちりボディと頭身のせいか意外とボリューム不足は感じません。
定価6800円なので、ギミックも含めて妥当なところだと思います。

雲雀 画像2

無邪気な笑顔が可愛らしくて和みます。特徴的な瞳がホンワカしたキャラの雰囲気にマッチしています。
髪の毛はややだるめで、造り込み度は高くないものの、手抜きと言うよりシンプルという印象で不満と言うほどでもありません。
結んだリボンもキュート。
ただ、顔はかなり顎を引いた状態なので、窮屈感があり角度によっては微妙です。
もう少し視線(顔)を上げても良かった気がします。
正面~斜め正面なら素晴らしい再現度で、素敵な笑顔を堪能できると思います。

ジャージは皺造形やファスナー部分の成型もしっかり。
薄いピンク色で統一感があります。
おっぱいも素晴らしい! ロリ+爆乳にピンと来る同士ならば満足できるでしょう。
校章がほぼ真上に向いているというところが、その爆乳振りを物語っています。

雲雀 画像3

下半身です。太いと言うほどではないけれど、絶妙な肉付きの太ももです。
この曲線はたまりません。膝裏、お尻のシャドウも良好です。
お尻はもう少しボリュームはあってもいいと思いますが、食い込み表現がグッド。
特に上から見下ろすとハァハァ。

ルーズソックス、スニーカーも問題無し。

雲雀 画像4

右腕パーツを交換、アオリ画像です。ダブルピースなポージングになります。
やや堅めでしたが、スムーズに作業できました。分割線も気になりません。

元気良さアップでこちらもグッド。場が明るくなります。
ただ、指は爪造形があると更に良かったと思います。

雲雀 画像5

アオリ、フカン画像です。ムチムチなボディは見応え抜群です。
おっぱい、お尻、太もも・・・どの角度からでもウハウハァハァ(意味不明)です。
顔は若干角度を選びますが、違和感の無い角度の方が多いので許容範囲内。
ブルマが見えない角度から見下ろすと、何もはいていないという妄想ができてすんばらしいと思いますです。

雲雀 画像6

部分ズームアップ、ベース(台座)&パーツ、パッケージ画像です。
もっとはっちゃけたエロ造形でもよかった気はしますが、爆乳+ブルマという見事な組み合わせにより色気はしっかりあります。
ジャージの隙間から覗くお腹がチラリズム。もしやノーブラなのか! と妄想も膨らみます。

台座は大きめのボス(凸)で安定しています。
ベースの形は国立半蔵学院の校章型ですね。手裏剣を元にデザインしたんでしょうか。

総評、幼い顔立ちに無邪気な笑顔が可愛く、爆乳なむっちりボディとのギャップがたまらない作品。
もう少し造り込んであるとなお良かったと思いますが、シンプルな造形でこれはこれでアリかもしれません。
言うなれば、丁寧に描き込んだイラストと、シンプルなアニメ絵の違いといったところでしょうか。
再現度も良好で、ファン、もしくはムチムチボディで爆乳かつブルマをはいたロリ娘が好きな一般市民なら、満足できる完成度だと思います。

雲雀 ファットカンパニー」のレビューでした。

この作品に関連するカテゴリ

copyright (c) 2011-2015 toaruhenjin.com All Rights Reserved.